MS-Wordのマクロ | MS-Excel VBAを中心とするフレームワーク

2020年6月28日作成
作成者:hach-gee



サンプルプログラムを基に、ExcelをUI、Excel VBAにビジネスロジック、及びAccessをデータベースに、出力をWordテンプレートに行うフレームワークを検討します。


1.前提

サンプルプログラムでは、以下のとおり、それぞれの役割、規定方法等を整理しています。

  1. ユーザーインターフェースにExcelを用いる
  2. ビジネスロジック等codingにExcel VBAを用いる
  3. バックエンドのデータベースにAccessを用いる
  4. 文書出力にWordテンプレートを用いる
    • 出力用のテンプレートを準備する
    • WordのRangeとTableを出力に用いる


2.ユーザーインターフェース

サンプルプログラムでは、Excelシートを介して入出力等操作を行います。


【入出力用シート】


【登録用シート】



3.データベース

データベースにはMicrosoft Accessを用いています。MySQL等ほかのデータベースに置き換えること、Excelをデータベースとして代用することも選択肢です。


【データベース概要】



4.文書出力用Wordテンプレート

ワードプロセッサーアプリケーションで業務用文書を作成する場合、ゼロから作成するより、何かしらのテンプレート(前回作成したファイル等)を基に、修正・加筆を行う場合が、実務上、大半を占めると考えられます。サンプルプログラムでは、Microsoft Wordで作成された請求書テンプレートを準備し、当該テンプレートにExcel VBAから修正・加筆を行い、請求先毎のものを完成させます。

以下は、編集記号を表示した状態の、①テンプレートWordファイル、及び②修正・加筆後のWordファイル(サンプル)です。


【テンプレート概要】




【修正・加筆後サンプル】



5.サンプルコード

以下のリンクよりサンプルコードをダウンロードください。



サンプルコード



関連記事

プロジェクト概要

慣れ親しんだMicrosoft Officeを基に、Excelマクロ、Accessマクロに加えて、Wordマクロを利用した開発フレームワークを検討します。